東大生講師と個別指導塾

巷には、東京大学に通う現役の学生や、東大の卒業生が講師を務める個別指導塾が存在します。

そのように、東大の在学生や卒業生が指導してくれるとなれば、生徒の目的意識やモチベーションにも、それなりに良い影響のもたらされることが期待されます。東大の入学試験に合格したという実績があれば、生徒にはその講師を尊敬し、信頼してついて行こうという気持ちが生じやすくなります。ただし、同じ東大の入試に合格した講師であっても、在学生と卒業生では、受験した時期に違いがあります。そして、現在の入試状況に対応するためには、受験してからの期間が短い講師ほど、適しているということになります。そういった意味合いからすれば、卒業生よりも、在学生から指導を受ける方が望ましいと言えます。

また、個別指導塾では、生徒が一人だけなので、集団指導塾のように、生徒同士のライバル意識や助け合いの精神による学習効果を期待することはできません。しかしながら、生徒一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に応じた指導をするのには、集団指導よりも個別指導の方が適しています。

このカテゴリーでは、東大生講師のいる個別指導塾に関して、詳しくご説明してまいります。