講師と保護者の連携

一人の講師によって、複数の生徒に指導が行なわれる塾の場合、生徒同士の競争や助け合いによる効果は臨むことができる一方で、一人ひとりの生徒に目が届きづらく、個性を活かすことが難しいという問題があります。そういった事情は生徒だけではなく、保護者との連携を図る上でも大切な意味合いを持ってきます。親にとって、大切なわが子を預けている塾講師と、情報を交換したり、コミュニケーションを図ったりすることは大切な条件となります。例えば、子どもの学習進度をチェックしたり、志望校を決定したりする上で、講師との連携を密にすることが大事です。また、講師から得られた情報に基づいて、塾で受ける授業の種類や単位数を変更するなどといったケースもあり得ます。

そのように、保護者が塾の講師と連携を図る際に、自分の子ども以外に担当する生徒がいれば、そちらに講師の手を取られて、それなりの問題が生じてくることは止むを得ません。そういった問題を解決するためには、個別指導塾を利用するのが良いでしょう。個別指導塾ではマンツーマンで指導が行なわれるので、生徒のみならず、保護者との情報交換・コミュニケーションに於いてもアドバンテージがあると言えます。