プランの選定と変更

通う塾を決定する上で、どのような指導プランが用意されているのかということは大切な問題となります。また、それらのプランは、受験までのプロセスの中で、自分の学習進度や希望する進路などに応じて、フレキシブルに変更することも大事です。そのように、塾で指導される授業の科目や単位数、教材の種類などを選択したり、変更したりするにあたっては、講師と生徒、保護者との情報交換やコミュニケーションが密に行なわれることが大切な条件となります。そうした事情を考慮すると、個別指導塾は利用価値の高い教育機関と言えます。

こちらはその名称からも察しがつくように、講師と生徒がマンツーマンで指導されるスタイルの塾になります。そういった事情から、講師が他の生徒に気を取られることなく、担当する生徒と情報を交換したり、コミュニケーションを行なったりすることができるというメリットがあります。また、そうした利点は、講師と生徒だけではなく、保護者との間でも有効に機能します。そういう風に、講師と生徒、保護者が密に連携し合うことによって、指導プランの選定や変更も行ないやすくなり、それだけ高い指導効果が期待されるというメリットが得られます。