質の高い勉強のために

自らの学習がどの程度進んでいるのかを測る基準として、机に向かっている時間を問題にする子どもや、その保護者が多く見受けられます。確かに、同じパフォーマンスを発揮し続けることができるのであれば、長い時間をかけて勉強した方が、それだけ高い成果が上がることは間違いありません。工場で、製品をつくり出す機械であれば、故障などのトラブルが起きない限り、そのように長時間稼働させて、高いパフォーマンスを得ることが可能となります。

しかしながら、受験を控えているとは言え、子どもは一人の人間であり、機械ではありません。したがって、長い時間に渡って勉強していれば、精神的ストレスや身体的疲労が蓄積し、集中力が途切れやすくなってモチベーションが下がります。そのような状態のままで、ただ漫然と机に向かっていても、時間当たりのパフォーマンスは低くなってしまいます。

そういった問題を解決するには、勉強の量を増やすだけではなく、クオリティを高めることも大切になります。そのためには、個別指導塾の利用をおすすめします。個別指導の行なわれる環境では、生徒一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に応じて、質の高い勉強方法を見出しやすいという利点があります。