時間の自由度が高い

集団指導というスタイルを採用している塾には、生徒がお互いに競争心を燃やしたり、助け合ったりすることで、高い学習効果が期待されるという長所があります。ただ、その一方で講師は一人で、複数の生徒を担当しなくてはいけないため、それぞれの生徒に合った指導方法を見出すことが難しいという問題点が存在します。例えば、ひと言で受験生と言っても、子どもの学習進度や科目ごとの得意・不得意は一人ひとり違っています。そして、講師と生徒はそれぞれ、一人の人間ですから、相性の問題が生じてくるのもやむを得ないことです。

それらの事情を踏まえると、一人の講師が一人の生徒を受け持つ、個別指導塾の利用をおすすめします。個別指導塾の場合、他の生徒に遠慮することなく、自分ひとりの学習プランを立て、マイペースで勉強を進めることが可能となります。例えば、集団指導塾の場合には、自分以外にも生徒がいるために、授業の日時を変更したり、欠席してから、その授業を受けたりすることが難しいという問題があります。その一方で、個別指導塾では、前もって、自分の都合が悪い日時を外した上でスケジュールを作成し、授業日時の振替えなども柔軟に行なえるというメリットが得られます。