試験に特化した対策

この先、中学の受験を控えて、準備を進めている生徒にとって、本番の試験はもちろんのこと、内申点に影響を及ぼす定期試験や志望校決定のための参考資料となる模擬試験など、さまざまな種類のテストを受ける機会があります。それらのテストで高得点をあげることで、志望校への合格率を高めたり、内申点や志望校のレベルを引き上げりすることが可能となります。そのように、大切な試験の前には、集中的にテスト対策の勉強をすることが大切です。ただ、志望校や通っている学校などによって、入学試験や定期テスト、模試の日程は異なってくる可能性があります。

そうした状況の中で、集団指導塾に通っていると、同じ授業を受ける生徒が自分以外にもいるため、自らの受けるテストだけの対策をすることが難しいという問題点が生じてきます。そういった問題を解決するためには、個別指導というスタイルを採用している塾を利用すると良いでしょう。個別指導塾では、読んで字のごとくマンツーマン指導が行なわれるため、自分の受けるテストにターゲットを絞って、対策を講じることが可能となります。そのようにして、マイペースで学習を進めることができるのは、集団指導塾に無い個別指導塾の利点と言えます。