適度な休憩も大切

工場で製品をつくり出す機械であれば、長い時間稼働していても、精神的ストレスや身体的疲労を感じることはありません。しかし、受験生はこの先、入学試験を控えているとは言っても、一人の人間であり、長い間机に向かっていれば、心身にストレスや疲労がたまり、集中力ややる気が失われてきます。そのような状態のままでは、いくら勉強を続けても、効率は悪くなる一方です。

そういった状況を打開するためには、適度なタイミングで、程良い休憩を入れることが大切になってきます。休憩の取り方としては、仮眠を取ったり、間食をしたり、外の空気を吸ったりするほかに、自分の趣味に興じるなどといった選択肢もあります。そのようにして、上手に休憩を取れば、気分がリフレッシュされ、身体の疲れも癒されます。

ただ、集団指導という環境の中では、周りに自分以外の生徒がいるために、自分だけの都合で授業を抜け出して、休憩を取るなどといったことが行ないづらいという問題があります。そうした問題を解決するには、個別指導塾の利用がおすすめです。マンツーマン指導が行なわれるこちらの塾では、勉強の進め方はもちろんのこと、休憩の取り方までも、マイペースで決めることができます。