学力に応じた指導

ひと言で受験生と言っても、その学力はそれぞれに違っています。そういった状況の中で、複数の生徒が一斉に授業を受けるスタイルの塾では、どうしても生徒一人ひとりの学力にばらつきが生じてきます。そうした事情から、集団指導塾では、クラスのレベルについてゆけずに落ちこぼれたり、その反対にレベルの低過ぎるクラスに入ってしまったために、学習効果が上がらなかったりするという問題が起こり得ますので、注意する必要があります。

そのような問題が発生するのを防ぐには、少人数制を採用している塾を利用するのが良いでしょう。それらの中でも、個別指導塾は、生徒個人の学力に応じた指導をするのに最も適していると言うことができます。マンツーマン指導という学習環境の中では、講師は他の生徒とのバランスを配慮する必要が無く、自らの担当する生徒だけの学力に併せて、指導内容のレベルや学習進度、使用する教材などを調整することが可能となります。そして、生徒の立場からすれば、そのように自分の学力に合わせてもらうことで、クオリティの高い指導を受けることができます。そのように、内容の濃い学習をすることは、入試までの時間が限られている受験生にとって、大切な条件となります。