長い休みの利用

一般的な小学校では、春や夏、冬といったシーズンに、長い期間にわたる休暇があります。それらの長期休暇は、日常的な生活シーンの中で溜まった精神的ストレスや、身体的疲労を解消するべく、休養したり、趣味に興じたり、旅行に出かけたりするのに適しています。ただ、中学の受験を控えている生徒にとっては、いくら休暇中だからと言っても、そうそうのんびりしている訳にもいかないというのが実情です。そのような事情を軽視して、休暇中に羽を伸ばし過ぎると、新学期が始まった時に、ライバルに大きく水をあけられてしまうということにもなり兼ねませんので、気をつける必要があります。

そうした失敗や後悔をしないためには、長期休暇中にもスケジュールに従って、きちんと学習を進めることが大切です。長い休みは、前の学期の総まとめをしたり、弱点分野を集中的に補強したり、新学期の先取り学習を行なったりするのに適しています。そのように、長期休暇中の学習計画を作成したり、それに沿って勉強を進めたりするには、個別指導塾の利用がおすすめです。マンツーマン指導の場合、生徒は自分ひとりなので、他の生徒を気にせず、自分だけの特性に合った指導を受けることができます。