学ぶ習慣を作るには?

入学試験を受ける生徒が、その準備を進める際には、学校で行なわれる授業の予習・復習をしたり、参考書や問題集を使って勉強したりするなど、独学で対応することが可能となります。ただ、自分ひとりだけで勉強していると、誘惑に負けてスケジュールが狂い、学習の効率が悪くなるという問題が起こるリスクが高いので、気をつける必要があります。

そのようなリスクを軽減するためには、塾へ通うことをおすすめします。塾では、決まった時間に、特定の場所で授業を受けるために、プライベートな時間と区切りをつけて、計画的に学習を進めるのに適しています。ただ、ひと言で塾と言っても、集団指導塾と個別指導塾では、学習の進め方や生徒個人の適性に違いが生じてきます。その内、集団指導塾は、共に学ぶ競争相手や仲間がいるため、張り合いがありますが、一人ひとりの特性に合った勉強がしづらいという問題があります。そういった問題を解決するには、個別指導塾の利用がおすすめです。個別指導塾は、家庭教師と同じようにマンツーマン指導なので、自分に合った勉強をするのに適しています。それでいて、家庭教師とは違い、特定の場所へ出向くために、気持ちに区切りをつけやすいという利点があります。