アクセス条件の良さ

東大の現役学生や、卒業生が講師を務めている個別指導塾を利用したいと考えて、塾探しをしている人も存在します。そういった場面では、塾の立地条件や交通の便にも気を配ることが大切です。

例えば、塾へのアクセスに際して、電車やバスなどといった公共交通機関の利用をすることができなかったり、利用可能な便数が少なかったりすると、徒歩や自転車による移動距離が長くなったり、親などが送り迎えをする必要性が生じたりするリスクが存在します。そういった状況になると、生徒本人や周りの人々にかかるエネルギーや時間、コストの負担が重くなりますので、注意する必要があります。それらの負担を軽減するためには、電車の駅やバスの停留所に近かったり、発着ダイヤの本数が多かったり、乗換えや乗り継ぎを利用する際の利便性が高かったりする塾を選ぶことをおすすめします。また、塾の行き帰りに多くの労力がかかると、それだけで疲労してしまい、勉強への差しさわりが生じるリスクがあります。そういうリスクを減らすには、自宅と塾の往復にかかる時間や距離だけではなく、電車やバスを利用する時間帯、車内における混雑状況などもチェックした上で、塾を選ぶことが大切です。