講師の質と指導法

志望校への合格という夢を叶えるためには、どの塾へ通うのかということが大切な問題となります。そして、塾の良し悪しを判断する上では、講師の在籍する学校や卒業校、指導のスタイルをチェックすることが大事です。

それらの条件の中で、講師のクオリティに関して言えば、高い学歴を有する現役の大学生が講師を務めているところを選ぶことをおすすめします。偏差値レベルの高い学校の入学試験に合格するためには、それなりの対策を講じることが必要不可欠な条件となります。そういった事情を考慮に入れると、実際に東大など、難関と言われる大学の受験を経験し、合格の栄冠を勝ち取った学生は、それだけクオリティの高いノウハウを有していると言えます。また、同じように難関大学への合格を果たした講師であっても、受験した当時から長い時間が経過していると、記憶が忘れ去られたり、現在における受験現場の状況に対応することができなかったりするリスクが高まりますので、気をつける必要があります。そのような意味合いからすれば、卒業生よりも在学生が講師を務めているところがおすすめと言えます。

また、生徒の個人的な特性を活かすには、個別指導塾の利用をおすすめします。