効率の良い学習環境

利用する塾を選ぶにあたっては、講師の学歴をチェックすることが大切な条件となります。例えば、生徒の志望する学校よりも低い偏差値レベルの学校の入試にしか合格していない講師では、指導する上でそれなりの無理が生じてくるのも当然のことと言えます。その一方で、志望校と同レベル以上の学校の在学生や卒業生が講師であれば、それだけ高い指導効果を期待することが可能となります。また、教室だけではなく、自習室もある塾を選ぶのも良い方法と言えます。それに加えて、自習室に講師が常駐し、その講師が東大生であれば、さらに学習効率の高まることが期待されます。そのような環境の中では、授業の予習や復習に自習室を有効活用することができるだけではなく、自分で勉強していて躓いたり、日ごろから疑問や不安に思っていたりすることを東大生に質問・相談して、その場で回答や助言、アドバイスを得ることができます。

そして、周りに多くの生徒がいると、気が散って勉強に身が入らないというケースも見受けられます。そのような問題を解決するには、少人数制の塾を利用するのがおすすめです。それらの塾の中で、個別指導塾は、最もマイペースに勉強の進められる環境と言えます。